airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 日本画コース

小倉 礼子

小春日和

112.1×162.1cm  紙本、岩絵具
この庭の主人だった舅が亡くなって十年経った今年の一月に、私の父が亡くなった。石や岩は、キリスト教では神の宿る所としての身体や家の象徴である。さらに「天の父よ」と祈るように、神性は父性に通じる。揺るぎない父性(神性)を持つ石と、変わりゆく植物の小春日和の情景に、二人の父への想いを込めて描いた。