airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 日本画コース

河野 良雄

大福寺の大クスノキ ―生と死―

162.1×112.1cm  紙本、岩絵具・墨
大福寺は先祖代々の菩提寺で鬱蒼としたクスノキの下、静まり返った境内は私にとって心落ち着く場所であった。樹齢凡そ380年、幹周7m、樹高30m程の大樹で県の天然記念物に指定されていた。今から7年程前の台風で半分が倒れ、お堂や門の屋根瓦を破壊した。大樹の圧倒的な生命力と存在感、倒れた幹の静寂さに神性を覚えその表現を試みた。