airUキャンパス

airUマイページ

世田谷ボロ市の研究
―時代による変遷について―
東福寺室町再建伽藍の復原
桃山時代の絵画や工芸に現れる「枯れ・病葉・虫喰い」等の文様に関する考察
大正デモクラシー期の大都市特別市制運動
―京都市の事例を中心に―
東美濃地方における封建的身分関係の一考察
―和宮御下向野井村一件から―
近世における北部九州の茶業の歴史
―栄西伝説を手がかりとして―
多胡碑の伝える事
西淀川区の伝統祭礼にみる持続と変容
―野里住吉神社山車の出る夏祭りを一例にして―
福岡県田川地域における炭鉱遺産を活かした町おこし
祭礼と樹木
―武蔵府中くらやみ祭り・憑代木と神器大太鼓―
白露庵(茶室)の造形について
装飾古墳の修復保存
―使用された膠着材についての実験をとおした考察―
板橋の田遊びに関する研究
近世日本の金唐革
―江戸時代を中心とした輸入・普及の実態と広がり―
まちおこしにおける無形民俗文化財の役割
―東京都北区・王子田楽の考察―
本阿弥光悦の茶の湯
平安時代の看護
『平家物語』にみる「形見」
歴史的遺産の景観保持と地域との関わり
―海野宿の歴史的経過と宿場景観の維持活動―
江戸町人と菓子
―日記にみる生活の中の菓子について―
図像資料による琵琶法師の琵琶の変遷の分析
市中山江浄寺考
―中世~近世の駿河国における浄土宗の展開の中で―
小袖模様雛形本からみる小袖の意匠変遷について
―その色彩と意匠構成を中心に―
川口鋳物と金山神信仰からみる川口神社について
酒井抱一筆《夏秋草図屏風》に描かれた薄が意味するもの
鎌倉時代の僧医に関する一考察
―特にその系譜と活動実態について―
阪神間モダニズムを生きた人々
―阪神間モダニズム文化圏の発展を支えたホワイトカラーの人々―
特別史跡、水城、小水城の価値と活用
―大宰府史跡―
西院曼荼羅
―その表現と伝来について―