airUキャンパス

airUマイページ

日本におけるアウトサイダー・アートとコンテンポラリーアートの「溝」の考察
三岸好太郎考察
―画風転換について―
マティスの、絵は感情の翻訳
奈多宮八幡三神坐像について
―その制作年代と来歴をめぐって―
能装束における色彩
俵屋宗達筆《蔦の細道図屏風》論
18世紀における立華の簡素化と生花の格と出生
―花形図の比較を通じて―
アートプロジェクトは地域に何をもたらすのか
―「南浦和アートフェスタ」開催の意義とは―
カラヴァッジョ作《慈悲の七つの行い》
―イリュージョニズムとその特異性について―
醜女の面
―「四谷怪談」にみる恐怖のかたち―
博物館教育の変遷と教育活動の調査から再考する博物館の存在意義
歌舞伎の見えない魅力
―鶴屋南北作品『桜姫東文章』『盟三五大切』に関する二,三の考察―
ジャクソン・ポロックの《無題》における修正について
―ブラック・ペインティングにおける自己の修正と更新―
エクス・ヴォートの盾 フラ・アンジェリコの「銀器収納棚」装飾パネルをめぐる一考察 ―予型論下で展開する聖書注釈、記憶、瞑想のイメージ―
『廃墟サンクチュアリ』考
―廃墟写真に写された生と死―
鞘にみる変わり塗の特徴
―江戸時代を中心に―
中世地蔵信仰研究序章
―説話と造形からみた信仰の様相と神仏コスモロジー観の再検討―
日本におけるキルトについての一考察
―なぜ、キルトは日本の女性たちに受け入れられたのか―
十二代中村宗哲が目指したもの
―作品を中心にその変遷をたどる―
磯江毅の描く写実世界
クリムトの総合芸術における装飾
―《ベートーヴェン・フリーズ》より―
マティスの切り紙絵の考察
―『ジャズ』を中心に油彩画から切り紙絵への移行について―
グスタフ・クリムトの《ユディトⅠ》《ユディトⅡ》をめぐる考察
ギリシャ陶器にみる絵画研究
―エクセキアスが描いたギリシャ神話―
クロード・ロランの遠景表現について
―1640年代の作品を中心に―
日本に於けるジャクソン・ポロックの受容
―1950年から2012年―
震災と写真
―東日本大震災における写真表現の可能性―
イサム・ノグチの「彫刻」に関する一考察
―香川県高松市牟礼町「イサム・ノグチ庭園美術館」を中心に―
ただ心を打ち明けるために
―ボマルツォの《サクロ・ボスコ》におけるヴィチーノ・オルシーニの戦争体験の造形化―