airUキャンパス

airUマイページ

2012年度 写真コース

長谷川 友子

アジアの笑顔にまなぶ

フィルムB/W
ゼラチンシルバープリント
「写真」と出合ってから「写真で何が出来るのか」を考えながら、今日まで写真と付き合って来た。1987年から東南アジアの人々の暮らしを撮影。水も電気もない厳しい暮らし。そこで見た“人間の強さ、優しさ”は、自分の人生の学びの場所であった。「写真で何が出来るのか」の答えがあるのではなく、考え続ける事が答えであると悟る。