airUキャンパス

airUマイページ

万葉びとの季節と時間に対する認識構造の研究
菱田春草《賢首菩薩》にみる日本美術院の五浦移転の意義
便所神のオフドウサマについて
―秋田県平鹿・雄勝地域を中心に―
中近世移行期の京都法華宗と地方との交流
―備前地方を例として―
秀吉政権・江戸政権のキリシタン禁令理由の再検討
大名屋敷跡地に残る緑地遺産屋敷
真宗本廟 御影堂、阿弥陀堂の矢来についての一考察
古代校倉造の校木断面形状の考察
「仁和寺御流」の鎌倉伝播に関わった開田准后・法助の政治、宗教的立場
―「異国降伏祈禱記」と「法助置文(案)」の二史料の検討を出発点にして―
『快元僧都記』を読み解く
―天文期鶴岡八幡宮造営にまつわる諸相―
賀茂斎院の人生と信仰
元伯宗旦の茶の湯
―江戸時代初期のわび茶―
戦前日本におけるジャズ音楽の受容とその装置としてのジャズ喫茶に関する一考察
加治氏の板碑について一考察
―板碑祖形へのかかわりについて―
河内国枚方の幕末・維新
―旗本陣屋代官の手記『慶応事件記』を中心に―
古代・中世の典籍類に使用された大豆糊の研究
―劣化後の物性変化に着目して―
西摂地域における国訴の展開に関する考察
南山城石仏群の保存と活用について
―鎌倉・南北朝時代の石仏を中心とした考察と提案―
浅井忠の陶器図案とアール・ヌーヴォーの考察
江戸時代前期における半襟の普及と着用目的の変遷
小田原桐座の研究
―由緒書の検討を中心に―
江戸上水にみる村と水番人の関係
旧斗南藩の士族授産・就産についての一考察
〈キリシタン燈籠〉再考
「古都奈良」の価値観形成と近代知識人
―大正・昭和戦前期を中心に―
虁神
―『山海経』から雷除けへ―
織豊系城郭「徳島城」の特異性に関する考察
飛騨高山における「屋台蔵」建造の意図とその機能
熊野本願の宗教的活動と機能
―延享元年の幕府裁許をめぐって―
中山道板橋宿の江戸時代から現在に至る町の変遷
―加賀藩下屋敷の変遷も含む―