airUキャンパス

airUマイページ

ゴッホの《糸杉》(メトロポリタン美術館蔵)に秘めた想いとは
九谷庄三による九谷焼技法の集大成
―彩色金襴手(庄三風)への道程―
デュシャン芸術の「コピー」という問題への考察
―「コピー」という発見―
ルネサンスの色
―当時のファッションにみる赤について―
いけばな小原流の成立と発展
―「琳派調いけばな」「文人調いけばな」や海外戦略をめぐって―
『享保名物帳』と名刀伝説への一考察―
京都国立博物館本 雪舟筆《四季花鳥図屏風》私考
―左隻における芦の描写と画面構成について―
マン・レイ展における「マン・レイによる額装」とパレルゴンの考察
宮大工、西岡常一像の形成過程を探る
「相模人形芝居」の後継者育成
―民俗芸能の継承と諸課題―
《燕子花図屏風》私考
―能《杜若》に見る草木成仏との関連について―
眉剃り文化からの脱出
―顔隠しの美から個性美へ―
琉球漆器に描かれた山水図に関する一考察
―18~19世紀頃の貝摺奉行所製作例を中心に―
鏑木清方作品に見られる江戸期絵画の影響に関する一考察
―明治後期から大正期の官展出品作品を中心として―
人々の暮らしを豊かにする靴づくりへの模索
三代徳田八十吉 耀彩・光り輝く彩
―古九谷の新たな表現―
指輪の普及とその要因の探究
―明治期から大正初期を中心に―
デ・キリコの画風変化に対する批評言説の変遷と作品のマーケット状況
―ニューヨーク近代美術館とデ・キリコ財団の確執、あるいはすれ違い―
マザッチョの様式変遷
―ブランカッチ礼拝堂を手がかりに―
牛腸茂雄の自己と他者
―「子ども」への視線―
鳥瞰図への原点
―五雲亭貞秀≪御開港横浜之全図≫に関する考察―
ディアギレフにとっての「バレエ・リュス」
―バレエ・リュスに秘められた真意―
近代日本の版画における谷中安規
――1930年代を中心として――
デヴィッド・ホックニー考察
―変わり続ける作家の変わらぬ佇まいについて―
浅川伯教
―「朝鮮古陶磁の神様」―
正倉院宝物における夾纈文様染について
―花文様の一考察―
東寺の諸仏をめぐる考察
―講堂を中心として―
ペギー・グッゲンハイムの眼
―20世紀美術の庇護者として―
堂本印象の「新造形」における一考察
―紙と墨に着目して―
≪女≫の意味するもの
―彫刻家荻原守衛の人生・思想と作品―
アートによる地域活性化の一考察
―直島を実例に―
プロト・ルネサンス美術における音楽の表象
―同時代の音楽様式の影響と管弦楽風天使―
クリムトと服飾
―《エミーリエ・フレーゲの肖像》に見る両者の関係性―
アートマネージメントの調査と実践
―無名作家の支援とこれからのアートマネージメント構築―