airUキャンパス

airUマイページ

近世門付け習俗の研究
浅草六区における興行場建築の歴史意匠
―浅草国技館と浅草パラダイス建築群―
「えんぶり」芸能の研究
「大江の幸若舞 変遷と今
昼食としてのお弁当の変遷
―家庭雑誌『主婦の友』を通して―
酒井抱一筆《四季花鳥図屏風》(陽明文庫本)に関する一考察
『日次紀事』にみる京の食生活
浅子神輿店の軌跡
―仏師から神輿師へ―
河村瑞賢の西廻り航路開発
看護教育発祥に関する一考察
―京都看病婦学校を中心に―
伊予西條藩松平家の家格
―御判物を中心として―
尾張への千家流茶の湯の導入
―『茶会集』を中心に―
田中鶴翁と公家の煎茶
士族授産の名の下の北海道開拓
―斗南藩の事例より―
律令国家の蝦夷支配について
―奈良後期から平安前期における転換―
江戸時代における大坂の「名所」観
―出版メディアに見る「名所」の変容―
明治初期開墾地の石碑に関する一考察
―白井市十余一地区山崎治右衛門の碑が語ること―
鎌倉時代東国の武家と寺家における喫茶
『茶味』から未来へつなぐ茶道の理想と美意識
―深遠なる教育者 奥田正造―
戦国期東上州における館林城築城
玄々斎の目指した茶室
素人浄瑠璃隆盛期の民衆文化
茶道具における茶筅(筌)について
建造物の解体修理による建立年代の検証
―あさぎり町指定文化財 山上八幡社本殿―
明治、大正、昭和期のじゃがいも食文化史
幕末中山道中津川宿における町民の行動についての研究
日本における鍾馗像の研究
坂のまち(尾道市)の文化財建造物を守るための防火対策に関する基礎的調査
表千家九代了々斎の茶の湯
―文化・文政期の茶会を中心に―
明治・大正期における「神田祭」の一考察
タウトが評価した秋田の魅力について
―町屋を中心として―
香道の文学性
―香木鑑賞における和歌の影響について―