airUキャンパス

airUマイページ

大阪市立工芸高等学校本館の外観デザインにおける考察
ラファエッロ・サンツィオ≪聖母マリアの結婚≫の建築的構図について
―宗教的神秘表現にみる独創性―
呉春筆《白梅図屏風》についての一考察
―蕪村と応挙の影響について―
バウハウス・デッサウ校舎に見るグロピウスの造形理念
―現代への継承―
ややこおどり・かぶき踊の発生と地方民俗芸能のかかわり
―出雲阿国を媒体として―
素朴派アンリ・ルソーの絵画世界をめぐる考察
葛飾北斎風景版画に関する一考察
―人物表現を中心として―
欧米に輸出された「SATSUMA」の魅力
―薩摩錦手から薩摩金襴手への造形と意匠の変遷から―
ミュシャの理想とした女性像
―パリ時代のポスターから―
激動の時代が生んだ反骨の絵師「暁斎」
―そのジャーナリストとしての一面を考察する―
野間仁根の描いた自然界
―作品のモチーフは故郷―
フランシスコ・デ・ゴヤ作《1808年5月3日》の考察
―伝統と革新のはざまで―
日本の紙幣における唐草文様の意義に関する一考察
―明治初期からの紙幣を中心として―
俵屋宗達・養源院障壁画
―杉戸絵異獣図に関しての一考察―
《神奈川沖浪裏》にみる近代美術の潮流
―ロマン主義的美学から「浪」を考察する―
日本のステンドグラス作家宇野澤辰雄と小川三知作品比較の考察と
今後の日本のステンドグラスの方向性について
「サロメ」、無名の少女からファム・ファタルへの変容について
―絵画と文学におけるサロメの動作を中心に―
法隆寺金堂壁画の様式に関する一考察
―アジャンター・バーミヤーン・キジル・敦煌から法隆寺へ―
鎌倉時代の宋風彫刻に見る土紋の成立について
鏑木清方の「卓上芸術」
―清方が目指した芸術の形―
上村松園《焰》
―美人画に対する理想と内面表現の追究―
鳥獣人物戯画(甲巻)の時間表現
ブランクーシ彫刻におけるプリミティヴィズム
雪舟《山水長巻》にみる中国芸術から日本芸術への水墨山水画の摂取
―雪舟の独自表現についての考察―
伊藤若冲《果蔬涅槃図》をめぐる一試論
豊田市生涯学習センターにおける子どもの美術教育の実践
池田満寿夫芸術をどう捉えるか
―版画・陶芸作品にみるいくつもの日本的要素という観点からの一考察―
サン・マルコ修道院僧房フレスコ画群に関する考察
―特異な構図とその独自性について―
サルヴァドール・ダリ≪レダ・アトミカ≫
―真の主題を探る―
太陽の塔
―現在も万博公園にあるべきか―
日本立体造形史における禁忌としての生人形
―大衆イメジャリーの循環とそのつながりに対する俯瞰的考察―
10-12世紀を中心とする神将形彫像に関する一考察
―院政期様甲制の成立と変容を中心にして―
アルテミジア・ジェンティレスキ《ホロフェルネスの首を斬るユディト》の再考
エドワード・ホッパーの眼差し
―映画との交錯―
《メローデの祭壇画》についての考察
―モチーフと寄進者の個人史からみる祭壇画の成立過程―
アール・ヌーヴォー末期の建築における装飾の意義について
―グスタフ・クリムト《ストックレー・フリーズ》より―
小磯良平の「作戦記録画」
―新ジャンルへの挑戦―
≪ヤン・コルネリスゾーン・シルフィウス≫の肖像画について
―心的交流と絵画的表現によってもたらされる迫真性―
12世紀のシトー会修道院建築工事
―働いた人びとについての考察―