airUキャンパス

airUマイページ

山谷 いく

懐帰

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩いずれ津軽の地に帰幽するのだと思うと、自分が生まれ育ったこの地をもっと知らなければと考える様になった。この絵はイタコの口寄せに入山した人たちの、ほんの一部分を切り取った光景である。お婆さんの後ろ姿に、笑えない自分がいる事に気づかされた。お...

石橋 洋子

月の門

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩過去と未来の時空間。これまでの来し方を思うと、多くの御霊に守られ育まれたお陰と感謝の手を合わせる。これからの行末は、次世代の子等への道標となるような「月」の一隅を照らしたい。そのような思いを、煙のような線と色彩で造形し表現してみた。線と色...

伊藤 奈穂

夏の日

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩①「普通」ってなんでしょう? ②毎日は面白い方がいい。

百瀬 恵津子

揺らめく水面 —瞬時の印象—

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩・アクリル身近に存在する実像に映りこむ虚像の世界に視点を向けて、制作を始めた。作品は、揺れる水面に映りこむ風景。輝く日差しの中で鮮やかに映りこんだ一瞬。かすんだり輝いたりしながら映りこむ歪んだ曲線が瞬時に変化し、不思議な世界を繰り広げる。...

吉田 真紀子

Crew

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩家族とは一艘の船の乗組員のように思う。その家族という船の航海は穏やかなときもあれば転覆しそうなときもある。ダンボール製にしたのは、我家はいわゆる転勤族でそのイメージと物質的な物のはかなさを重ねた。家族のそれぞれの経験と感動を詰め込んだダン...

根本 温子

秋冷

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩秋風の冷たい植物園の片隅で、それは薄い赤茶けた葉を横たえていた。カサカサと音を立てそうな、まだかすかに緑を残している葉の先は、濃い紫とも茶色ともいえず、ねじれた葉と葉の先が微妙なリズムを奏でている。見過ごされてしまいそうなその姿に、何故か...

金本 正美

ある日の川

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩些細な事がきっかけで立ち寄ることになった川、そこで見た川岸の風景の広がりは、そのどこかに自分の居場所があるような気持にさせられた。懐かしくもあり、が、現実なのか、非現実なのかわからない時の流れを感じつつ川面に映る建物を見ていた。

梅内 鈴代

射光

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩時が止まったような静寂の中、ゆっくりと陽が窓に差し込んでくる。そんな中、陽の光におもわず目がうばわれる。と同時に暖かく穏やかなエネルギーを体の中に感じる。豊かな自然の偉大さを肌で感じながら、いつまでも陽の光のぬくもりの中に身を置いていたい...

中橋 東亜子

矛盾

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩・アクリル私にとっての「牛」は、重厚、存在感から、情愛、憐憫へ、そして私をも含んだ人間に対する怒りと矛盾への表現にと変化していった。肉牛は枠の中に3、4頭入れられ、寝食、排泄をし、運動はない。霜降りを求める人間のためにのみ育てられる。食物連...

清水 英子

枯蓮の舞

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩2000年前の地層から、3粒の蓮の実が見つかった。そのうちの1粒が発芽に成功し、美しいピンクの花を咲かせた。それから60年、毎年繰り返される蓮達の舞台。生命の不思議さと力強さを感じながら、水面下に消えていく枯蓮達をキャンバスにのせてみた。枯蓮と遊...

石井 総恵

145.4×145.4cm  キャンバス、油彩ここは、神戸市王子動物園。暑くて、臭い、爬虫類館にいた。「うわぁ。何や、このトカゲ…。ふてぶてしいなぁ。でも、なんか笑える。なんか、かわいい」。その時、笑いのスイッチが入った。それが、すべてだった。

渡辺 陽子

大地に生きる

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩糺の森の神秘さと存在感あるさまざまな樹木に出会って、私の制作が進められてきたように思う。自然の造り出す形の美しさの中に、一本一本の木の生命力やたくましいエネルギーを感じとることができた。自然が私達に与えてくれるものは大きい。人と自然が共に...

高橋 栄子

つ・ち・か・べ

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩四季を繰り返し、風化していく土壁—土は、土自身に還る生命力を持って成長しているのかもしれない。じっと見ていると色々な模様が浮き出ている。風景、人や動物…。何百年もかけて壁と風が描きたかったものは? 色々な物語を探りたくなる。

角野 裕子

独りの時間

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩人体とモチーフ、そしてアイデアによって、身体感覚を共有できるような作品を創りたいと思っています。独りのときの時間の流れのようなものを感じられる作品にしたいと思って描きました。

篠原 幸美

ズルッ!! —落ちる〜。—

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩テーマは「生きる」でモデルは我家の愛猫である。ある日うたた寝をしていて机から落ちそうになる姿を偶然目撃した。ビックリしながらもその一瞬はまさに「生きてる」と思ったんじゃないだろうか。それを描いたのだが「一瞬の表現」と大きなキャンバスへのネ...

俵口 佳代子

START

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩誰の人生にも幾度かの大きな岐路に立つ時がある。自分自身の選択を信じて新しい道への第一歩を踏み出す瞬間のエネルギーを無機質な針金人形の姿を借りて表現した。今、まさに、スタートをきろうとしている全ての人達への応援を込めて。

岡島 克子

廃棄置場の野良猫たち

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩廃棄置場の野良猫たちは、人間に追い払われることなく居場所を確保し生きている。人間の身勝手で、野良猫を追い払い、物を廃棄する。廃棄された物を取り除き綺麗にしたい。しかし綺麗にすれば野良猫たちの居場所が無くなる。野良猫たちも与えられた命、当然...

田中 優子

生きている

162.0×152.0cm  ダンボール、新聞紙朝日と共に起きる 温かいスープを飲む 紡ぐ 織る 編む 耕す 歩く 走る 笑う 泣く おしゃべりをする 眠る 喜ぶ 怒る 悲しむ また喜ぶ 私は今に生きている 私は今を生きている。さりげない日常に潜む真実とパワーを、ありふれた新聞紙で表...

日下 智惠

Little plants

165.0×134.0cm  キャンバス、油彩一度描いたモチーフの分解、再構成から出来た新しいマテリアルを、さらに描き込むことで、様々な角度から見つめ、歩み寄ってみたいと考えた。そんな風に増殖した小さな植物は、色彩、形態ともに変化を続け、多角的な視点を持ってものを見ることを私に促し続...

森田 槇子

NIGIWAI

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩人々が集う町、いつも賑わいを見せている。若い人が仲良く寄り添い楽しげである。年をとった人がショッピングカートを引き、働く人々も生き生きとして動いている。何気ない風景が、日常の日々の様子である。ゴチャゴチャした喧騒の中に、人と人のつながりが...

伊藤 吉一

Roots

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩昭和40年頃までは盛んに黒い煙を吐き出していた焼物工場の煉瓦の煙突も、今では風化が進み、多くの工場が廃屋と化している。空港が出来てから高層マンションが建ち、海岸が大きく整備されるなど、故郷の常滑は大きく変わってしまった。幼少時に畏怖を覚えた...

松前 博

旅の途中

130.3×162.0cm  キャンバス、アクリル・ペン今、私は旅をしている。どこへ向かう旅だろうか。行き先も分からず、いつ到達するのかも分からない。夜になれば夢の中で旅をする。眼が覚めれば心の中に今までの蓄積されたカオスを見る。そこから引っ張り出してこよう? 何があるのか。時にはそこ...

吉元 暁子

66才

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩自分が今関心を持っていることを考えてみると、自身の死に様である。私たちは、生命の息吹の中に老いを見、老いの中に生命の息吹を見るのである。老いを見つめる年齢になり、あらためて今感じる。生と死の中にある私。見つめている私は、見つめられている私...

新井 一

担ぐ —まつりびと・水—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩山国秩父に伝わる祭礼諸行事は古から受け継がれ、それを守る若者たちの熱気は私の心を引きつける。それらは子どもの頃から見慣れた情景だが、いつも新たな雰囲気を醸し私は心の高ぶりを覚える。揺り動く場面は走馬燈のように変わりゆくが、心にとどまる残像...

中谷 洋子

鳥になった花

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩・コラージュ・紙家の庭先に咲いているエンゼルストランペットは、宵になると辺り一面に香気を漂わせ、白い花が闇の中に咲きほこる。私はこの花の不思議な形状に引かれ、ある時、鳥になって飛び立つさまを空想した。色や形もさまざまに変身した鳥たちの乱舞...

川崎 泰子

absurde —不条理なリズム—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩この世に生を受けると同時に、死は肯定される。無限である宇宙に対し有限の生命は塵にも等しい。それでも時は自分の足元に存在し、様々な事柄に捉われ、感情に支配され振り回されて通り過ぎる。己の内面に潜む欲望は常に葛藤し苦しみを産む。一縷の望みを託...

飛岡 文夫

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩・ジェッソ夢と希望を失いかけた現代社会を表現した。海を埋めたて、人工護岸に守られた大地の上に造られた近代都市は一見すると繁栄を謳歌している現代社会の象徴のように見える。しかし、画一的な機能優先のコンクリートで作られた高層ビル群は活力を失い...

森田 本子

みんな来た!おばあちゃんの誕生会

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩きれいな風景を写真でなく、キャンバスに描きたいと思っていたが、いつの間にか街の中・電車の中の若者など人物に興味が移った。しかしこれは、白寿を迎える私の母の誕生日に一族郎党、全員集合の写真、いや絵である。皆嬉しかった。楽しかった。了解なしで...

和田 豊彦

夕闇迫る志賀高原

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩モチーフは夕暮れのゲレンデ風景である。スキーにあこがれて35年、白銀の世界を生きてきた。スキーは私の人生そのものである。雪の感触を確かめながら、ゲレンデを踏みしめ、心をおどらせて夕暮のゲレンデをリフト乗り場へ向かって滑っている。私にとってこ...

宮嶋 里子

サーカスがやってきた!

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩数十年ぶりにサーカスを見に行った。子供の頃見たサーカスは、日本的で、天然の美の音楽が流れ、無気味で恐々、ドキドキ見たものだが、近年のサーカスは、陽気で明るく、ポップでグローバルであった。親子連れの姿は、昔と変りなく楽しげで、その姿に昔の自...

越智 清純

自分はどこから来て、どこへ行くのか? —感謝と共に孫達への思い—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩今人生を振り返ってみると七十数年間、波瀾万丈の人生があっという間に過ぎていった。後残された人生。絵画の基本を教えて頂いたことに感謝し、卒業は終わりではなく、初心を忘れず、少しでも絵画を通して世の中の役に立てるよう精進していきたい。このよう...

矢野 翔子

妖怪いろはかるた

114.0×172.0cm  キャンバス、油彩妖怪にハマって早や三年。妖怪に関する絵を描くことで、色々な知識や経験を得ることが出来ました。今回の「妖怪いろはかるた」では、自分が今までに描いた妖怪画の集大成とするべく、出来るだけ多くの妖怪を描けるよう、かるたの形式をとりました。

有馬 尚

Honey         

97.0×162.1cm  キャンバス、油彩美醜に囚われている。

吉田 芽衣

カプリチオ —無責任な時間—

110.0×350.0cm  キャンバス、アクリル他人のまじめな話や深刻な相談が耳に入らないとき。そんな時は頭の中で不条理なことがくり返し起こっています。それはそれは無責任な時間です。

戸松 貴子

渇き —かわき—

103.0×73.0cm  キャンバス、油彩得られないものへの心理的な欲望・欲求の高まりを表現。目に見えるものばかりが全てではない。美しいものの裏には様々な色の感情がひしめき合っている。しかしそれは知らずに滲み出るもので、全てを隠せるわけではない。鮮やかさや濁り、透き通った色の感情を...

伏黒 由利子

群童

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩好奇心の旺盛な子は、全身を触手にして興味深い事象をとらえようとする。その真剣な姿に、次世代を背負う気概と可能性を感じる。そんな子の群れの下半身だけをモノトーンで描き白い床に配置した。形・色・空間の要素をぎりぎりまで削ぎ落とし、構図や人物の...

新庄 睦子

新しい世界へ

130.3×162.0cm  キャンバス、アクリル描くという事は、自分の中のテーマを見つけるという事なのかもしれない。私にとってのモチーフは生物であり、テーマはその存在であると思う。生きていく一瞬の輝きみたいなものを、描いていきたい。