airUキャンパス

airUマイページ

サルバドール・ダリ《パン籠》
—「人間の形をしたパン」を描いたダリは《パン籠》で誰を描いたのか—
若冲作品における植物表現の一考察
—傷んだ植物表現—
藤田嗣治《猫のいる静物》における描画表現の考察
視覚的なことばの芸術
—イスラームとアラビア文字が生んだ書道—
北斎の《冨嶽三十六景》の遠近感についての一考察
—複合効果をもたらす三要素の設定—
ウィリアム・ブグローの女性像
—男性中心社会が作り上げたもの—
ラースロー・モホイ=ナジにおける機械技術と芸術の統合
—『光』の実験作品に注目して—
箱の空間を越えて
—ジョゼフ・コーネルの箱と後期コラージュを比較する—
アート・フェスティバルにおける市民参加のあり方
—福岡アジア美術トリエンナーレの場合—
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《アポロとダフネ》の〈視点〉
—「絵画的」・「風」・「超絶技巧」(ヴィルトゥオジズモ)から考察—
アンゼルム・キーファーのインスタレーション
—《革命の女たち》と啓蒙主義の問題について—
ねぷた絵文化研究序章
—弘前のじゃわめぐ地域文化—
ロマネスク彫刻《最後の審判》
—キリストの身体における彫刻家と「鑑賞者」の存在—
世阿弥が確立した能の芸術性
—身体運用における弓術との比較から—
「横尾忠則ポスター」考
—1965年‐1971年の作品に見る、その構図と彩色について—
三岸節子の「花」
—その造形表現の特質—
《ルクレツィア・パンチアティキの肖像》の視線をめぐって
—メディチ宮廷におけるブロンズィーノの肖像表現の考察—
現代日本における山の聖性の再認識と創造活動への展開
法隆寺金堂壁画における大陸からの仏教壁画の受容について
—インド美術の間接的受容とその変容から読み取れることは何か—
日本絵画を異文化で効果的に展示解説する方法についての考察
刺繍からみえること
—自閉症の刺繍作品と制作工程からの考察—
能《忠度》考
—「今の定家卿」の解釈を中心として—
「かりゆしウェア」にみる沖縄の自己表象について
小川芋銭研究《河童百図》に芋銭芸術の源泉を探る
—創成期柳田民俗学と『カッパ夜話』を手懸りに—
瀧口修造と日本のシュルレアリスム美術
—1930年代を中心に—
コミュニティを生み出す場を創る
—映像表現と語りの場を中心に—
ボッティチェッリの三美神
—図像の系譜と舞踏表現をめぐって—
雪舟《天橋立図》に関する考察
—構図と主題の問題について—
マリー・ローランサン
—日本における受容について—
奈良美智の少女作品について
—「かわいい」とは何か—
写真家アニー・リーボヴィッツ論
—写真集『Women』に見る、そのポートレイトの特徴—
2000年代以降の企業メセナ
—アートNPOとの関係から東京都内を中心に—
ジャケット・デザインの効果と音楽との関連性
—ウォーホルの「バナナジャケット」を中心に—
「TRAVEL FRONT」の活動について
—福岡市における市民によるアートマネジメント—
公立美術館の活性化の研究
—コレクションの活用を手がかりに—
やなぎみわ「マイ・グランドマザーズ」について
良寛の楷書形成についての考察
—遺偈《草庵雪夜作》に至るその経過—
セザンヌの新たな線
—堅牢性の観点からの一考察—
円山応挙の樹木表現とその空間
—その展開と特質—
ムンカッチが撮った新しい女性像
—1930年代前半の『ハーパース・バザー』誌にみる—
ベルニーニ《聖女テレサの法悦》における法悦表現について
—Un Bel Composto 美しき融合体—
流政之試論
—建築に対峙する屋外彫刻—
小学生の美術鑑賞活動の提案
—吹田市立千里第三小学校「アートとなかよくなろう」計画—
小林かいちが描く女性像
—作品分析と年代特定の試み—