airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 ランドスケープデザインコース

大石 佐笛

風景の記憶を伝承する —子供のあそび空間の未来像を紙芝居で表現—

  調査研究
かつて人々が暮らした山や樹木や建物は失われ、地域や家族の繋がりも薄れた。高齢者となっているかつての子供達に話を聞いた。それは、彼等がその風景の中で豊かに暮らした証だ。感動した。『人々の記憶に潜む風景と暮らしの伝承』こそが、今街づくり人づくりに大変重要と考える。貴重なこれ等の話を紙芝居にまとめ、口演を通して伝承して行きたい。