airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 陶芸コース

平間 美紀

まどろみの中で時がうつろう —遺跡—

75×75×220cm  上荒土、透明釉・赤化粧、酸化焼成、型
人類が築いた文明の痕跡が、過去から現在へ、さらに未来へと連続する時の中に遺跡として存在している。かつて繁栄していた時代を現在とするならば、その後は春の柔らかな日差しを浴びて、うとうとと眠るような、優しい夢の中をまどろんでいる一瞬を切り取って見ているにすぎない。時はとどまることなくうつろい、遺跡は今も未来を過ごしている。