airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 陶芸コース

在原 登喜子

水の詩(うた)

40×53×40cm  磁土、焼締、還元焼成、手びねり
水の中に漂う泡。生まれては消え、消えてはまた生まれる。その様はまるで身らの生命(いのち)の痕跡を刻むように詩い合う。