airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 陶芸コース

桜沢 千代子

布の表現

32×30×30cm  磁土、透明釉、酸化焼成、手びねり・タタラ
泥粧を使って布のウェーブやひだの表情を出したく、何度となく失敗をつづけました。割れやすい薄くもろい土が出してくれるこの感じが、とても大好きです。反物は、上絵をより良く表現できると思い、ずっとあこがれていた桜を描きました。桜の花びらは、美しい!