airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 陶芸コース

田中 則生

波紋 —その先に—

50×100×20cm  白土、伊羅保釉、酸化焼成、ろくろ
この作品作りの着眼点は「波紋」である。水面にできた波紋の中にある円という形態は、無限の広がりやエネルギーを感じさせるところが魅力である。いくつもの円(波紋)が重なり合っていく様は、お互いに反応し、影響し合い、連動しているかの様である。これが私の作品に込めた思いであり、今後の創作活動への指針となるべきものである。