airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 日本画コース

宮保 洋子

そのままに —嚴照寺(ごんしょうじ)の門杉—

160.6×116.7cm  紙本、岩絵具
家から車で15分、嚴照寺には本堂に入る参道に一対の大杉が立っている。左右両樹とも横に張り出す何本もの大きな枝を有するが、何れも雪の重みのままに湾曲している。それでも主幹はあくまで高く天を目指し、風雪の中、長寿を保ち続けている。門杉のダイナミックなフォルムとシンメトリーで静かな本堂を対比させ表情豊かな世界を創りたい。