airUキャンパス

airUマイページ

2009年度 日本画コース

井上 正子

祈り —希望—

181.8×116.7cm  綿本、岩絵具・墨
昔石見銀山では、坑夫たちがサザエに入れた油の小さな灯りに命を託し、坑木の支えもない暗い坑道を、不安や恐怖と戦いながら掘り進んでいた。その小さな灯りは、自分の将来に抗いようも無い大きな不安をかかえ苦しみの中にいた私が、祈りの中に救いを求め、やっと一歩を踏み出す勇気を得た時に見た、小さな希望の灯りそのものであった。