airUキャンパス

airUマイページ

サージェントの描く子供の姿
—ベラスケスの影響と時代背景を通して—
熊谷守一の思惟と表現
—単純化と平面化の内的法則の考察—
チェコの道化人形カシュパーレクについて
長谷川等伯筆《松林図屏風》試論
—水墨表現の再検討による主題理解—
三面大黒天の造形誌
—複合型尊像の生滅—
彫刻師・伊八考
—建築彫刻史からの再評価—
藤田嗣治の《礼拝》とキリスト教絵画との関係についての一考察
山縣有朋の作庭に関する一考察
—近代期の庭園における位置付け—
博多織にみる意匠と社会の変遷
—博多の風土のなかで育まれたデザイン—
ホルバインと大使ダンドヴィル、《大使たち》に描かれた「死」
—トランジ、ジザンを糸口として—
香月泰男の世界
—故郷・三隅での姿を通して—
宇和島藩伊達家の香文化研究報告
—香りの声を聞く—
アルガママの絵画
—李禹煥《照応》が創出する<場>とその身体的受容に関する考察—
クリムトの代表作《ベートーヴェン・フリーズ》
—この寓意画は何を意味するのか—
田中訥言筆《百花百草図屏風》にみる江戸時代のやまと絵
—描かれた草花表現を中心に—
銅版画の魅力
—黒と白の「造形性」と「身体性」の視点から—
藤田嗣治の沖縄像《孫》について
—“沖縄への視線”に関する一考察—
鈴木春信美人画に関する考察
—プロポーションや構図がもたらす効果—
まちづくりと芸術
—パブリックアートの役割を考える—
歌舞伎の貼込帖文化
—二つの『許多脚色帖』からみえるもの—
カルロ・クリヴェッリ《受胎告知》の多重構造
—画面からはみ出したものの役割と意味について—
薬師寺東塔について
—東塔・水煙が伝承するもの—
ニコラ・ド・スタール 抽象から具象へ
—《サッカー選手》シリーズ以後—
生人形の成立過程をめぐる再検討
—松本喜三郎作《浅茅ヶ原一ツ家》《池之坊》を例として—
紅型の二十世紀
—戦後の復興と新しい価値観の形成—
ドゥッチョ シエナ大聖堂大祭壇画の背面画
—その意義と機能について—
扇言葉とデザイン
—18世紀 フランス扇の文化—
国際美術展にひそむ地域性とその役割
—横浜トリエンナーレと地域との関わりを軸として—
明治大正期のオールド・ノリタケ意匠開発
—日本的意匠の再構成を探る—
日本画における空間的な「間(ま)」としての余白の存在とその背景
若冲作《動植綵絵》についての一考察
—賦彩に視点を当てて—
ロココ期のドレスの袖に関する考察
—緯地で裁断された袖のドレスの復元をめぐって—
河鍋暁斎
—「遊び」と「彩色」による狩野派からの脱却—
子どもたちへ備前焼の技を伝える
—博物館と教育現場の連携—
写真家たちによるセルフポートレートへの考察
—写真で捉える視覚的な自己について—
「源氏千種香」の特殊性について
—香道における源氏文化の表出—
谷崎潤一郎作『細雪』に登場する「地歌」と「物語」の関係