airUキャンパス

airUマイページ

2008年度 卒業制作・卒業研究 作品・論文集

2008年度 情報デザインコース

岡田 由紀子

ヒトダネ 学名 Bellus fructus

イラストレーション  420×297mm、9点、素材:紙・水彩・写真等樹木に寄生して育つ人のような形の生き物がいる。彼らは、種から生まれ親木の真似をして成長しその姿を現す。彼らは、親木に対して何も働きかけはしない。ただ寄り添って生きる。そこでの時間が終われば、種となり風にのり、他の...

藤田 政明

JI・KA・N

映像、12分  一つの大きな時間の流れの中には、目的のための時間と、目的以外のそのモノが終着点に向かう時間とが同じ軸の上に存在する。ある一つの空間に流れる不可逆な時間を、三つの視点で切り取りそれを確かめてみることにした。

森 勝

残り香〜儚い記憶

写真  515×728mm、8点、素材:紙、パネル街ですれ違った人々の顔を覚えていることは少ないけど、何かをキッカケとして、そのシチュエーションを思い出すことがある。それは、見ず知らずの人との間で、街という場と時間を共有し、コミュニケーションが生まれた結果を記憶に刻み込んだのかもし...

戸田 香代子

Rituals of Life —いのちの儀式—

映像、7分40秒  生物は破滅と再生を儀式のように繰り返しながら命を繋いでいる。食を切り口に同一画面に対立する二つの映像、一方はヤギが食材となっていく過程、一方はヒトが食べる行為を同時に進行させることで命のエネルギーの循環を表現した。

高橋 正典

映像、5分  海を撮りたくて撮影しました。

前山 希子

女の器量はことばしだい

書籍(ソフトカバー)  188×128mm祖母からもらった大切な文庫本を四六判サイズにリデザインしました。本文の文字組み、レイアウト、表紙や装丁まわりの紙えらびまで、全てオリジナルの構成です。

高橋 昭裕

DOT ALIVE

ドットアニメーション、35分  物語には見えない壁がある。人々が感情移入するために必要なものだった。しかしその壁が無くなってしまったら。物語の人物がこちらに話しかけ、現実の存在を知る。その時アナタも物語の一部となる。沢山の嘘をついてきた。もう誰にも嘘をつかなくていい物語。

坂田 育子

殺され女神

flashコンテンツ  PC上映私達は普段、何気なく食事をしているが、しかし、それが誰かの犠牲の上に成り立っているとしたらどうだろうか? 今回、私は「古事記」から‘食べものの起源’として殺された女神の神話を現代の刑事ドラマとして再構成し、webサイトにまとめた。ユーザーは警部として現...

濱野 誠司

2009年1月17日(土)16時00分00秒〜16時00分08秒

サウンド・インスタレーション  離れた場所。8秒間。つながったサウンド。