airUキャンパス

airUマイページ

日本における絵本のデザイン
—1960年代にみるその成立—
桃山建築の蟇股を指標とした根来大工集団の動向
—和歌浦天満宮・三船神社・日光東照宮を素材として—
能《卒塔婆小町》における小野小町
—老衰落魄伝説を中心にして—
ジュリー・テイモアによる視覚的演出
—ストラヴィンスキー作曲オペラ=オラトリオ《オイディプス王》をめぐって—
バルテュスが描く主題について
—少女を描き続けたことについての一考察—
鴨居玲—異境への旅と晩年の自画像制作についての考察
人形浄瑠璃文楽の「花道」についての一考察
—その成立と消長—
七夕の図像
—その描かれ方と親しまれ方—
ジャコメッティにとっての女性像
太陽の塔についての研究
—「ベラボーなもの」の意味を探る—
近現代における金襴袈裟の展開
義太夫節における「風」の認識と意義
—杉山其日庵著『浄瑠璃素人講釈』以降の「風」論の変遷から—
バブル遺産としての建築…その未来
大阪・孝恩寺木彫群への視点
—「在地仏師」「行基仏」「霊木化現仏」論の再検討—
長谷川等伯の装飾美の世界と意匠性
—金碧障壁画に描かれた自然美—
北欧デザインにおける日本の工芸の影響について
—ヨセフ・フランク、マイヤ・イソラのテキスタイルを中心に—
良寛における懐素受容と草書の形成
カラヴァッジョ
—《ロレートの聖母》に見られる新たな表現とその受容についての一考察—
ルオーと道化師
—道化師作品にみられる宗教性についての考察—
ヴィスコンティが描いたふたつの家族
—《若者のすべて》と《家族の肖像》における記憶と虚構—
京都祇園祭の山鉾と金唐革
—日本で復元された金唐革の考察—
山あいの農地でパンを焼き荒神様に奉納する実践報告
アーカンサスの系譜
—柱頭彫刻に見る—
田村能里子の壁画
—《二都花宴図》とジュンジュヌの壁画の関連性—
「対話型鑑賞」を考える
—「美術館でおしゃべりしよっ!mite!ながの展」における「対話型鑑賞」の実践と考察—
初期マニエリスムの考察
—ヤコポ・ダ・ポントルモを中心にして—
藤島武二の《天平の面影》に関する一考察
—≪天平時代の面影≫から≪天平の面影≫への改題について—
WEDGWOODの知られざるジャポニスム
—イギリス陶磁器にみる日本美術の諸相—
諏訪大社の御柱祭
—御柱祭がもたらすもの なぜ今も続くのか—
河原温
—浴室シリーズとデイト・ペインティングをつなぐもの—
ルネ・ラリックのガラス工芸における女人像について
ポスターに描かれた女性像
—「赤玉ポートワイン」をめぐる日本の初期広告ポスター—
17世紀オランダにおけるレンブラント作品、工房作品の受容の考察
—コピー作品をどのようにみるか—
現代広告に見る、マグリット的な広告とは?
カンディンスキーの初期受容と日本の画壇
—京都でのいち早い取組みと美術・文芸雑誌の役割—
花の造形作品と展示の場について
—インスタレーションの消失から復活、そして作品の概念の拡張へ—
ブラック・スライド・マントラで、あそぶ
—イサム・ノグチの滑り台について考える—
藤田嗣治
—二つの時代の「乳白色の下地」—
構造の必然性という視点から見た暈繝彩色をめぐる試論
—正倉院宝物花氈とモザイク・ガラスにおける色彩表現に関する一考察—
中国現代アート拠点の動向
—北京・大山子798芸術区に関する調査より—
民俗芸能としての播州歌舞伎の継承
明治日本における文学と美術に関する一考察
—夏目漱石と藤島武二を中心に—
モネ ジヴェルニーの庭について
—二つの庭と作品の特質—
パウル・クレーの造形思考
—色と面と線を組み立てる法則を追う—
狩野芳崖《悲母観音図》におけるジョルジョーネの《聖母と聖人たち》を通したイタリアルネサンス絵画の影響について
醍醐寺における鎌倉時代造像の如意輪観音坐像に関する小考
モデナ大聖堂外壁の図像プログラム
—葛藤を乗り越える図像の力—
大正時代の矢部季のデザイン
—ビアズレイに影響を受けた資生堂意匠と装幀—
スーチンの批評史にみる民族性の解釈とその変容
市民の芸術参加の可能性について
—横浜トリエンナーレ2008市民サポーターの取り組みを例に—
藤田嗣治と戦争画
—作品《サイパン島同胞臣節を全うす》を中心に—
レンブラントの聖書画
—晩年様式獲得における画業中期の意味—
博物館明治村
—その意義の変遷と今日的なあり方への一考察—