airUキャンパス

airUマイページ

2007年度 ランドスケープデザインコース

伊達 聖子

平安の丘(船岡山公園整備計画) —これまでの千年 これからの千年—

56,284㎡  基本構想・計画
船岡山は平安京を造成する際の目印とされ、京都市における初めての都市公園として昭和10年に開園した。五山の送り火のうち4箇所が見える眺望の良い公園だが、樹木が茂り、設備も古くなり、船岡山へ行くことが危険とまで言われるようになった。これからの千年も人々に愛され、京都の独自性が表れる公園になるように構想・計画をした。