airUキャンパス

airUマイページ

  
利便性を追求するにつれ繁雑化する社会の中で、人はストレスを受け息苦しさを感じている。身近にホッと息の抜けるような心安らぐ居場所があれば、人の心が癒されもう少しゆとりのある社会になるかもしれない。それを建築で提供できないかと考えた。自然の魅力を視覚的、感覚的に取り入れることによって心地よい空間造りを試みた。