airUキャンパス

airUマイページ

2007年度 建築デザインコース

小野 裕之

京都という美術館 —都市の象徴—

  
建築とは「都市の象徴」である。京都市は豊富な美術品のために、多数の美術館が存在する。これは京都市=美術都市を象徴している。そこで京都美術館を設計することにした。多くの美術品を一括して保管、研究をし、古典から現代美術品を展示する。制作スタジオ、美術図書館も設けている。この京都美術館が京都の象徴となるだろう。