airUキャンパス

airUマイページ

幕澤 五十美

川底の光

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩川底に入り込む光を描きたくて描いた作品である。春、1年の中で水も太陽も最も美しく輝き、澄みきっている中、川底に入り込む光に魅力を感じ、ただその光を描きたかったのである。泳いでいた魚を消し去り、岩や石も消し、画面の中での統一感、色や形のつなが...

橋本 美香子

みどりのあるヒビ

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩頭の中に鮮明に映るイメージ。分厚い何かが一面に割り広がるその光景。うつくしさと共に、付随する様々なものを。心地よく感じる色とともに、奏でてみたい。母から与えてもらったしあわせな心、つつむ全てのものへ、小さな恩返し。心に湧く、そんな思いをの...

佐藤 みぎわ

虚透

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩異次元を彷徨う虚空間。透明感を大切にして描きました。

松山 恭大

Clouds

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩ほんとうの空をいつ見ただろうか。日常にあらわれる大きな自然を描くためにいつも空を見上げた。変容そのものである雲のかたちや色は、あのときの気持ちを呼びおこす。その気持ちは、なぜか懐かしく、PAUSEボタンを押した瞬間のように静止している。そ...

三村 香代子

CHOCO

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩生まれて初めて犬を飼いました。愛犬の愛らしい姿と毛のフワフワ感を描いてみたいと思い、モチーフに選びました。まるでぬいぐるみのようですが、喜怒哀楽のはっきりとしたポメラニアンの男の子です。最近では家族にとってなくてはならない存在となり、私達...

岩田 摩樹

何か見てる?

162.0×130.3cm  板・紙、アクリル見ているようで見ていない。見ていないようで見ている。

広瀬 玲子

ハメルンの休日

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩夫の足の裏を描きました。連なる筋肉、皮膚のしわ、多彩な色調等、全身を描くのと同じくらいの面白さがありました。心臓からも脳からも遠い人体の辺境で、本当はまじめな存在なのにいつもどこかにおかしみをたたえているところも気に入っています。足の裏を...

上野 州利

森羅万象

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩・フエルトペン原始地球に水が現れ、それに光が作用して生物が生まれ、そして今我々が存在する。“奇跡の星”と形容されるこの地球上の森羅万象がこの水と光の調和の中に生起し循環している。水と光の調和、ここに生命の根源がある。この水と光が互いに作用し...

大石 幸男

トビウオの飛翔 —flight of flying fish—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩私が描く理由は、自己の内面にある様々な思いを絵という手段で統合して新しい概念に創り上げていく面白さと、そのプロセスを通し少し成長した自分に出会う楽しみを感じるためと言えます。この作品もその一つです。そうした自分に興味をもってくれる人を想像...

橋本 光子

黎明

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩「夜明けの来ない夜はない」 不安にさいなまれながらも朝を迎える日。少しの希望に支えられながら新しいスタートを切る。様々な思いに身をゆだねる自分を感じる時、生きていることを実感する。

砂川 隆太

夜行

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩自然も人工も曖昧になった半自然状態の空間を原風景と絡めて描きました。絵は人と共感するためのものだと思っています。そして、そのための表現を目指しています。

高橋 めぐみ

物語Ⅰ

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩描きたかったのは、空の多面鏡? それとも、たまたま目が合った通りすがりの猫? いや、その時の私の感情だろうか。なんだかよくわからない。日常には、透明でいろいろなものが詰まっている。透明なので何にもないようにも見える。でも、確かにあるという...

吉野 剛広

虫の街

160.0×160.0cm  ベニヤ板、油彩・クレヨン虫の街は森の奥にあります。魚や車も住んでいます。夜明け前、彼らのささやきに耳を傾けていると、ぺこり虫がやってきて、ぼくの記憶をひとつ食べてくれました。

山岸 智恵

発・消・再 —ARU?NAI?—

232.0×130.0cm  キャンバス・アクリル板、油彩・石膏・ポリエステル何かが存在するということは、どういうことか。人、物、空気、思い出など自分に見えないものは存在しないのかというと、見ている人や心の中にあれば存在するといえるのではないだろうか。様々なあり方を水紋などの単純化し...

三上 歩

限りないリズム —原始から続く地球のダンス♪—

145.0×145.0cm  キャンバス、油彩地球は、たくさんの生き物が共存しています。目には見えないけれど、自然の精霊たちも波間で楽しく踊っているのです。そうした楽しさを感じながら、クルクル回して描きました。ダイナミックな自然のリズムが永遠に続くように、未来への希望を込めて。人のコ...

那須 久弘

光と影

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩初夏の日差しが燦々と降り注ぐ。川面がきらきらと輝き、船影はまるで生き物のようにゆらゆらと蠢く。平凡な街中の風景の中にあって、光と影が織り成すコントラストとハーモニーが一つのリズムを生み出し心地良い。今回、新しい表現方法に挑んだことは自分に...

土井 和代

なつのひかり

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩毎日生活していくなかで目にするものを、変わっていく気持ちも変わらない想いもすべてひっくるめて、描いていきたい。

大江 岐枝

僕らの舞台

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩夢は持ち続けていたいなって思う。私は、人が夢を話す時のキラキラした目、ニコニコした顔を見るのが好き。〜踊るように歌うように僕らはこの広い大地で皆と一緒に生きられたら。ここは僕らの舞台。皆の夢は空に向かって舞い上がり、今、幕は上がろうとして...

山田 真弓

moisture minds

190.0×120.0cm  スチロール・板・綿布、油彩有機的なそれらは溢れひしめき、その自然現象は不気味で異様。そして力強く美しい。

福田 奈々子

問いかけ —純子へ—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩何故描くのか。その先に何があるのか。問い続けながら描く。見えてきたのは美しいものへの憧れではなく、すべての世界に取り巻いている混沌としたもの。

林 登代美

湿潤な記憶

162.0×130.3cm  キャンバス、アクリル自然の造形である牛骨の魅力に引かれ描き始めたが、牛骨と自分を取り巻く空気や時間を感じ、次第に画面は変化していった。それは五感で感じ取ったモチーフとの対話であった。

吉田 和代

lights#08.01

162.0×130.3cm  綿布、油彩・アクリルその場所に、いろいろな要素で存在する光、影を、ひとつの画面に共存させたときにできる面白さ。

茂手木 史

New machine

130.5×172.5cm  紙、アクリル・ボールペン・鉛筆私は制作を通じ、怪異な形態を捏ね返して増殖させ積み上げることによって画面に一つの大きな形をもった生命体の塊というべきものを作り上げたい。そのように考えています。

松島 良美

知らない日常

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩今、私たちの目に見えているものは何? 日常の中でくり広げられる人間たちの営みは不思議でおもしろい。そんな好奇心から得られたイメージの世界を描いている。そこから新たなイメージが表出する期待にわくわくしながら…。

茂木 章夫

こころ

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩心の中に感じた安らげる物をキャンバスの中に描いてみました。箭内先生、相見先生、小西先生、皆さんの力で一年間がんばれました。どうもありがとうございました。

小谷 尚久

無常の中で

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩窓の明に対して室内の暗、壁の暗に対して手前の明、左右の斜めのラインを構図に空間表現した。現代社会の変化の速さは現代人の価値観をも変えていく。ネット社会は結果・効率・利便性が優先。伝統とは言わないが古いモノ、変わらないモノに対する信頼・安心...

中野 康

空白

162.0×130.3cm  板、油彩・ミクストメディア我、関せず。

近藤 孝一

子供達を見詰める男

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩男は箸を置き、子供達を見詰める。そこに女性が中心である家庭。安堵感が漂う。男は退職して数年経っても、裃を完全に脱げきれなくて戸惑い葛藤している。

横江 英子

ファンタジア —伝承あそび あやとりによせて。—

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩一本の紐を輪にしただけの素材から生まれる様ざまな形。指が直線をくぐり引っ張ると、瞬間に変化する紋様を楽しむ遊びも、子どもたちの間から消えて久しい。卒業制作のテーマに子どものあそびを選び制作していた折に偶然、開催されていた「世界のあやとり紀...

武田 恵佳

め・でる

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩目の前の花を見て、想像を膨らませて描きました。見る人には、花ではなく、自ら何か思い描いてもらいたいです。

森 美菜

The Story begins!

130.3×162.0cm  キャンバス、アクリル長い道を歩いた。そして、ふと気づくと、私は前に居た場所に戻っていた。だがその場所は、前と同じ場所でありながら、前よりは深く、豊かになっていた。それは出口のない閉ざされた道のようでもあり、無限の世界への入り口のようでもある。どちらかは、...

中尾 隆博

月夜鹿

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩奈良公園を散策するとこの厳かな森は、私に森を恐れ崇めるよう求める。いにしえ人は、暗い森を支配する神の怒りを鎮めるため、あるいは森の奥深くに住む神がもたらす日常の恵みに感謝するため踊りをささげた。その営みのすぐ側では月明かりに浮かれた鹿が人...

上野 光祐

港 —はるかなるバイキングの—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩・アクリルはるかなるバイキングの港、オンフルール。ノルマンディ、セーヌ河口が近くにある。街と港、建物と船のバランスのとれた、センスの良い、ブルーとブラックの多い、バイキングの子孫の住む町である。昼は観光客に溢れ、夜は色彩の港となって旅人を...

大澤 正勝

母子の願い

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩この絵では公園での母子と、メール先の外国風景で画面構成し異空間を結んだ。昨今は電話が耳で機能するのではなく、視線と指で機能し、会話が失われつつある時代でもある。母親の持つ手が携帯でなくて、読書だとしたら乳児に眼差しがときどき向けられるよう...

田尻 利彦

絵画教室

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩絵画教室という現実の空間を土台にしていろいろの思いや場景を創造し、それを絵画で造形してみようと考えた。心象的なイメージを取り入れ、対象を多視点でとらえ、想像や空想を自由に伸ばしてキャンバスの空間を埋め込んだ。

澤田 恭子

Re:Mind

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩異境の地でただ、立っているだけの少年は心の中で不安や希望を抱いている。そういう時は自分に返ることが大切だと思いこのタイトルをつけました。

松井 健児

透過光  —珊瑚礁—

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩・珊瑚・大理石粉末宇宙・空中を透過してきた太陽光は、海面で屈折して海中を進み、急速に吸収される。海中物の表面に達した光線の一部は反射し、海面の裏に一瞬毎に変化する映像を創り出す。初めて生物が目を持つことができた大陸棚は神秘な光に満ち溢れて...

須賀 能子

春茜

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩西の空に沈んでいく太陽を見ていると、地球の回る音が聞こえるような気がする。この山も、まわりの風景も、私も一緒に回っている。みんな宇宙の中に在る。その空間で作られた茜色は、見慣れた風景をお伽話の世界に塗り替えた。窓外の春を鮮やかな赤、紫、ピ...

泉川 博之

大阪やねん

130.3×162.0cm  キャンバス、油彩「生きる」というテーマにこだわった結果、日頃取材しスケッチを繰り返した大阪の風景がモチーフとなった。全体の雰囲気・人の動き・看板や外観など生活観あふれる極彩色のこてこて大阪の街の印象を切りとった。何時来ても、どきどきワクワクさせてくれる風...

湯ノ口 敏雄

悠久

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩門前町の一角にある小さな社。社を取り囲む石積にはうように根を張っている樹齢300年の「すだじい」。その姿をいにしえの村人も眺めていたにちがいない。これからも多くの人々がその偉容に見とれるであろう。根をしっかりと大地に下ろしいつまでも生きてくれ...

塩尻 真子

潜む造形

162.0×130.3cm  キャンバス、油彩いつもみているはずの場所が、「描く」場所としてみると面白く感じられる。この作品の自宅の玄関を入ってすぐみえる風景もそうである。平面をもつものだけで構成されたこの空間にさす光が、それぞれの面の存在や違いを現し、造形的な面白さを感じる。ただの...

小西 淳子

森の母子像 —ルネッサンス期の技法を探って—

130.3×162.0cm  板に麻布・白亜地塗り、油彩・テンペラ赤ちゃんが生まれました。森の動物たちがお祝いに集まってきています。おめでとう! おめでとう!! おめでとう!!! お母さんは、静かに赤ちゃんにおっぱいを飲ませています。お父さんは、チェロを弾いています。