airUキャンパス

airUマイページ

東京国立博物館本「一休宗純像」について
—視線はなぜこちらに向けられたか—
富岡鉄斎における「近代性」について
正阿弥勝義と芸術
アマチュア美術展の誕生
—デパート展の黎明期における活動と役割—
エッフェル塔
—19世紀末における意味—
《当麻曼荼羅縁起絵巻》と女人往生信仰
—制作環境に関する一考察—
江戸五色不動考察
舟越桂・変貌する人物像
マティスの油彩画と切り紙絵の表現の差異に関する一考察
—《生きる喜び》、《ダンス》、そして『ジャズ』から—
佐伯祐三と〈文字〉の時代
—学んだ物質感 創造した〈文字〉in Paris—
〈景観〉としての《夜色楼台図》
—風景を見る蕪村の眼—
イサム・ノグチによる「彫刻の方法」について
—《スライド・マントラ》への検証—
地方都市の百貨店美術館に関する一考察
—名古屋における松坂屋美術館の位相を例に—
添御県坐神社本殿建築様式に関する考察
松林桂月《春宵花影》
—月と桜花の詩情—
スポーツと芸術の関係
—スポーツが芸術に求めるもの—
戦後を駆け抜けた画家横山操—「日本画」の追究
—水墨に至るまで—
モーリス・ベジャールの《ボレロ》
—引き込まれる身体—
平安朝時代の漆工品にみられる小禽図様の考察 —久保智康氏の
和銅鏡研究を起点とした平安朝漆工品に対する和様解釈の再検討—
ターナーの新たな光の絵画
—《ノラム城、日の出》にみる絵画技法—
渡辺千秋邸に見られる明治のアール・ヌーヴォー
《聖アントワーヌの誘惑》に見るルドンの表現世界
円山応挙の革新と保守性について
—応挙の新たな「型」の創造—
『元禄忠臣蔵』と『仮名手本忠臣蔵』に関する考察
—二つの忠臣蔵にみる歌舞伎の変化—
河鍋暁斎の九相図に関する一考察
現代日本における打ち上げ花火の美と感動について
鴨居玲の道化性について
—鴨居絵画のイメージソースとは—
ドラクロワにおける「構図」考
—《民衆を率いる自由の女神》を手懸かりに—
須田国太郎《書斎》をめぐる一考察
—影と余白の彼方—
マーサ・グレアム・テクニックについての試論
ゴッホと映画『男はつらいよ』
—「山田洋次監督の眼」と「イメージのコラージュ」—
ジョットの壁画における場面構想と鑑賞者との関わりをめぐって
—スクロヴェーニ礼拝堂を例に—
歌舞伎『京鹿子娘道成寺』の構造と視覚性について
ナム=ジュン・パイクの美のツール
—演奏する身体—
マチスの描く女性たち
—《青い裸体》に到達するまでの道のり—
勝常寺薬師如来像再考
有元絵画—雲からの考察
金唐革紙の歴史的系譜
小磯芸術の根底に流れているもの
—近代神戸と三田藩士族気風—
ヴォーリズの住宅建築とプロテスタンティズム
—駒井邸に見る「和」「洋」の融合—
彫刻に就て
—橋本平八再考—
《聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト》のダイナミズム
—フランシスコ・リバルタがそこに仕掛けた挑戦—
「造形あそび」から広がるコミュニケーション
—福井県児童科学館・クラフトルームのとりくみから—
エドワード・ホッパー:作品に描かれた光についての考察
荘厳に込められた意味の変化
—意味の消滅・忘却と新たな構想の誕生—
宗廣力三の郡上紬
—技法と意匠の探究—
ルネサンス天使像の夜明け
—サン・マルコ修道院2階通路部の《受胎告知》についての一考察—