airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 ランドスケープデザインコース

楠田 規己子

涸と恵の湧水公園 —運動公園の未来—

7.2ha  基本構想・計画

武蔵野台地の貴重な湧水が生む河川の親水整備は推められている。涸の姿をもつ調整池の運動公園は取りのこされたままだ。周辺住民の現状(高齢者の急増、少子化による学校の統廃合)と健康志向を結び、学校体育館の市民との共有による異世代の交流の場を、湧水という自然の恵たっぷりの空間に求め計画した。