airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 ランドスケープデザインコース

波岡 浩太

ランドスケープデザインによる「誘い」の具現化

6,500㎡  基本構想・計画

光と闇は常に同居した状態により私達の視覚を支配している。また光と闇は人の恐怖や安堵の感情を与える最も身近なシンボルのひとつであろう。日没後、人は灯を求める。都市空間において、灯は闇とどう関係すべきか。人々の心にどのように寄り添えばよいのか。