airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 ランドスケープデザインコース

石田 麻有実

嵯峨野トラスト構想

40ha  基本構想・計画

対象地は京都市の景観を代表する三山の一つ、西山の山懐に抱かれた農地40haである。そこは食料の供給源である一方、古来からの京都文化を伝える“嵯峨野”という地域の景観を支える一つである。景観地区指定を受けており保たれた姿は美しい田園景観を残している。その場所が時代の流れと共に緩やかに変わろうとしている。その変化を考えた。