airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 建築デザインコース

辻 誠二郎

「箱」の設計思考

「箱」は最もシンプルな空間であるといえる。何も無い場所を単純に分節しただけの空間。この始まりともいえる空間をどのように構成していけば、「建築」となりえるのか、と考えた。