airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 建築デザインコース

岡本 英子

ヤワラカナケンチク

建築は生きものである。人がその空間に息を吹き込み、その空間は動きだす。都市の中において、建築のもつその表情は無機質で、硬く冷たい。人の動きや行動によって生みだされる空間は、もっと複雑で自由で有機的なものではないだろうか。人がワクワクするような、もっと優しい、もっとヤワラカな、そんな表情をもつ建築を目指した。