airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 建築デザインコース

加藤 英

郊外住宅地の未来

日本が超高齢化社会に突入しようとしている今、郊外住宅地では様々な問題が生まれてきている。独居老人の孤独死、空き家や空き地の増加、人口の減少・・・。これらの問題は、町のスラム化や社会サービスの低下に繋がり、早急な解決策の提案が求められている。今回は、特に“高齢者”に焦点を定め、『郊外住宅地の未来』を提案する。