airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 建築デザインコース

花輪 幾夫

pasar −立ち止まることから生まれるアクティビティ

普段歩きなれた場所。通り過ぎるだけで、いつも同じ景色が流れていく・・・。ふと立ち止まったとき、そこに新たな発見があれば、新たな自分が発見できるかも・・・。建築は、このような体験を提供するための装置として機能する。これらの作品を通して、そのこと感じとってもらえれば幸いである。