airUキャンパス

airUマイページ

建築とは三次元空間であり、そこに光があたれば影が生まれる。そして光は影によって引き立てられ、その存在を主張する。光と影によって人は時間や季節の移ろいを感じるが、それらも光の明暗や強弱の対比によるものである。外と内、白と黒、直線と曲線といった様々なものを対峙させ、その間合いから生まれる空間の面白さを表現した。