airUキャンパス

airUマイページ

特別な場所ではないどこか。既にある要素の中よりそれらは導き出される。それらは領域であり、物質であり、境界である。日常を改めて問い直す時、建築の力・場の力が、より強固な輪郭を持ち得るのである。そこに在ること。それは一つの解答であり、一つの可能性である。新たな建築は、そこに在り続ける事で、より重要な意味を持ち得るのである。