airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 情報デザインコース

富山 浩伸

成長と間

絵本21.0×29.7cm、48ページ(文章24ページ、絵24ページ)、素材:紙・革

私が子どもの時、自分にしか見えない影がいた。あれは恐らく自分の中に潜んでいるもうひとりの自分が、大切なことを伝えるために出てきたものだと私は思う。この作品は私自身です。作品を通して自分という人間を見てもらい、子どもの頃の思い出の大切さを知ってほしい。