airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 写真コース

吉田 俊雄

あいの風

27.9×35.6cm  ゼラチンシルバープリント

「あいの風」は「あゆの風」とも呼ばれ、万葉集にも詠まれている風のことで、豊漁の兆しとして漁師に喜ばれ、北前船の日本航海路では東北地方から南下するために重要な風であった。この地域で今も行われている漁の様子、カニやイカの水産加工の人達、そして昔から伝承されて、海にかかわる行事を紹介します。(対象地域能登半島〜丹後半島)