airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 陶芸コース

小谷 孝雄

ふる里の温もり

瓶:15×15×27、11×11×24、皿:26×4、2点、鉢:19×8cm  天草磁器土、石膏型鋳込み・打込み、石灰3号釉、還元焼成

人生において故郷は縁の切れぬものです。うれしい時、哀しい時につけ、故郷は想い出されます。住んでいる田舎の風景から身近な題材を器にしました。また、当地方において瓢箪は、神が宿り、紙に書いた願い事を入れ置き、魔除けや、幸福を呼ぶものとして大事にされ喜ばれている。