airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 陶芸コース

前川 忠

63×54×25cm  磁土、型、還元焼成

円筒型は単純で無機質な形状です。しかし、そんな円筒形でもカットしたり何本も並べたりすることで、むしろ複雑で有機的な形態へと変化していくと思います。また、無機質なものから有機質なものへと変化していく過程の形態は、無限大にあると思います。たとえ単純な形状でも、視点を変えるだけで視覚的に面白くなると思います。