airUキャンパス

airUマイページ

2006年度 日本画コース

中野 功子

瓦屋根—その不思議な機能美

145.5×116.7cm  紙本、岩絵具

私は予てから、人間が造る物には、機能・扱い易さ・美しさが備わっている物が良いと考えている。その筆頭に挙げたいのが瓦屋根である。個々の瓦の集合が独特な造形を成し、その造形故に、見る方向で全く違う表情を作り出す。又様々な自然条件の下で刻々と変化し続ける。そんな機能美を、ほんの少しでも日本画で表現できたらと願ったのですが・・・。