airUキャンパス

airUマイページ

小出楢重の裸婦像
なぜ裸婦像を描いたか・反骨心に宿る独自の裸婦像の確立
廻遊式庭園《六義園》について
—庭園の構成に関する考察—
映画『2001年宇宙の旅』の色彩について
いきな「江戸紫」再考
—「助六」「江戸ッ子」を象徴する「江戸紫」の新たな解釈を通して—
ポケットサイズの名画たち
日本におけるル・コルビュジエ受容
—坂倉準三 神奈川県立近代美術館を中心に—
新井唯夫のヘア・アート —21世紀
《素朴な月夜》が語るもの 古賀春江の情熱
D.G.ロセッティの「ラファエル前派兄弟団」時代
—《聖母マリアの少女時代》及び《見よ、我は主のはしためなり(受胎告知)》についての考察—
アルブレヒト・デューラー
1500年の自画像についての一考察
建築に向かう視線の先
—サン・フランチェスコ聖堂上堂《聖フランチェスコ伝》壁画に描かれた建築をめぐって—
マニエリスムの《ヴィラ・デステ》
アジアに咲いた五色の花
—インドネシア、ラオスの学生とともに上演する日本の演劇の試み—
絵画を纏う
ケヴィン・ローチの「ステイトメント」
—最適解との調和をめざす寡黙な挑戦—
Jackson pollock
《月女》
21世紀のユニバーサルデザインの方向性を考える
絵画作品における幕末・近代の重盛像
クールベの《オルナンの埋葬》にみる主題を巡る考察
—クールベを育くんだオルナンと造形美術との関わり—
ジャコメッティの《キューブ》について
《キューブ》にこめられた意図はなにか
縄文土器における縄の考察
宗教絵画におけるダリの挑戦
《十字架の聖ヨハネのキリスト》からの考案
躍動する絵画
ザオ・ウーキー作品に見るリズムと黒の表現
光琳模様と小袖の意匠
香川のしょうゆ文化
—「醤油画」にみる現代像—
法華寺蔵阿弥陀三尊及び持幡童子像について
—仏台を用いた儀礼の場の再構成—
曾我蕭白は何を描いたか
—根源的かつ普遍的な「存在」としての人間—
アメリカ美術史における国吉康雄の再考
ポール・スミススーツの魅力
『一遍聖絵』について
—絵画表現の特異性を考える—
吉田堅治の《La Vie 生命(いのち)》シリーズを考える
ヨアヒム・パティニールの世界風景
—内的巡礼としての風景画—
草間彌生、1950年代の《白のネット・ペインティング》における一考察
マティス《聖母マリアとキリスト》における“聖なるもの”の表現法の考察
八木一夫研究
—クレイ・ワークの淵源として、現代美術を手がかりとして—
宗達と光琳・ふたつの《風神雷神図屏風》
屏風絵の視覚
—出光美術館蔵《洛中洛外図》屏風(右隻)についての考案—
モダン・アートを考える−視点の試行
—ミゲル・コバルビアスの著作を通して—
ヨハネス・イッテンの美術教育
『色彩の芸術』について
森山大道・ブレボケの行方
—『写真よさようなら』から『光と影』へ—
新薬師寺十二神将像をめぐる考察
天平期における群像彫刻の造形
庭園の苔からみる歴史と展開