airUキャンパス

airUマイページ

2005年度 ランドスケープデザインコース

四宮 陽子

築地・現代の大名庭園に遊ぶ

23ヘクタール
基本構想・計画

江戸期、大名庭園は諸大名がその文化度・教養の深さを競う社交・饗宴の場であった。そして現代、都市に人は出会い、飲食し、アートやスポーツを楽しみ、働き、学び、休息する。世界中で繰り返される都市のアクティビティ。そんな都市の日常シーンが、いま巨大な庭園空間にすっぽり包まれ、展開する。