airUキャンパス

airUマイページ

新たに何かを取りいれようとしていると、やがてその一部と化して馴染んでいくように、建築がつくられるときも、関わったものの一部と化して、それらとつながっていくのではないだろうか。もしそうならば、建築は私が思っているよりもどこまでも広がっているのかもしれない。ある女の子を通して、それを垣間見ることができたら、と思っています。