airUキャンパス

airUマイページ

2005年度 建築デザインコース

米谷 章義

甲子園プロジェクト’05

キーワードは「繰り返す」。3つの住まい:壁を繰り返し折り曲げ、密集するも孤独な住宅街に共同性の回復をはかる。子どもの「あそび場」:床や通路を繰り返し傾け、できた隙間や空間が子どもたちのあそび場となる。『水の駅』そして劇する場:壁、屋根を過剰に折り曲げかつ重ね、「生命の繰り返し」を主題とする『水の駅』を建築的に表現した。