airUキャンパス

airUマイページ

小さなideaからちょっと未来の建築をめざしてみる。ともすればこれらは現実味のない空想建築となりがちなのだが、実現するかしないかの瀬戸際に今まで気付かなかった魅力的な空間が有ると私は考える。現在あるゆるぎない大きな世界が、この小さなideaや思いつきから立場を脅かされて、過去のものとなればちょっと素敵だな。