airUキャンパス

airUマイページ

2005年度 洋画コース

丁 睦美

柔らかな光

F100号
キャンバスに油彩

太陽の光を浴びた草木は陰影に富み、色彩とともに美しいと感じる。逆光で窓ガラスに映った木々の葉陰もまた曖昧な中に魅力があり、光の美しさを際だたせる。光は、ものの存在に存在感を与えたり、無くしたりする。これまで、光を見詰め描いた作品は多いが、私も“光”を追いかけ色に現わしたいと思い、光を感じながら制作を進めた。