airUキャンパス

airUマイページ

2005年度 洋画コース

糸永 宏

Family

F100号
キャンバスに油彩

現在、少子化問題が深刻化し、将来を担う子供の人口が減少してきている。私は、子供のいる家庭の精神的な豊かさ、楽しさを表現したかった。そこで、私の娘とその子供たちを慈しみの気持をもって描いた。孫は、泣いたり、笑ったり、驚いたりと豊かな表情を見せてくれる。子供との一家団欒の時が、家族にとって至福のときではないだろうか。