airUキャンパス

airUマイページ

セーブル窯に見るロココの装飾芸術について
—マダムポンパドゥールによる芸術庇護の時代—
建築における「再生」の可能性を探る
—青木茂の建築から—
アメリカ抽象表現主義絵画の台頭とその理由背景
近世初期の風俗画における岩佐又兵衛の影響について
—「型」と「構図」の継承に着目して—
Paolo Uccello
—未来への飛翔—
山口晃に関する考察
「授乳の聖母」への視線
—14世紀中頃のトスカーナにおける「授乳の聖母」受容の意味—
田中一村《奄美の杜⑥クワズイモとソテツ》における近景と遠景の考察
美術館・博物館における服飾業界向け学習支援プログラム
川瀬巴水が捉えた場所・表現した風景
—木版画で日本を伝える—
初期洋風画「聖母マリア十五玄義図」をめぐって
—その受容と信心について—
義経贔屓の構造
—平家物語から勧進帳まで—
藤田嗣治が戦争画で描いたもの
明治から昭和初期にかけての日本画における「線」に関する一考察
—上村松園の描写の変遷と作品《夕暮》にみる表現—
流行を捉えた仁清の色絵茶陶
大原美術館所蔵 エル・グレコ作《受胎告知》の日本受容史
ウィリアム・モリスの系譜で見る濱田庄司
<視ること>に関する一考察
〜アントニオ・ロペス・ガルシアの<まなざし>〜
横山大観の《夜桜》についての考察
岡本神草《口紅》における女性表現
—官能性と怪奇性—
新奇な美のかたち
—エミール・ガレにみる日本人との昆虫観の相違—
若手人形遣いのこれから
〜三吉を通して見える文楽〜
江戸琳派における描表装再考
—その特質と展開、成立の背景について—
サウンドアーティスト鈴木昭男論
—自然と人を結ぶ音楽—
伊東深水の「美人画」に関する考察
—女性像について—
奈良国立博物館蔵 五大明王像に関する考察
欧米現代抽象絵画と、金子鴎亭の書作品
—書の国際化とは—
奈良・長谷寺の十一面観音像とその脇侍の像容について
—古代から中世における再興像の形式と意味を考える—
仁和寺蔵僧形八幡神影向図小考
—神との密約—
日常に投げこまれたアート
−クリスト&ジャンヌ=クロードのアンブレラ・プロジェクト−
オディロン・ルドンの作品にみる植物学者アルマン・クラヴォー
日本における写生画史に関する一考察
—円山応挙を中心として—
ルオー
—現実を侵食する絵画—
三代豊国役者絵の再検討
—時空を越える役者たち—
葦手の発生と行方
−失われた原義−
切り裂く「行為」と「痕跡」と
—Lucio Fontana,マニフェストを超克する1300の “Concetto Spaziale,Attesa”—
ミケランジェロのピエタ造形の特色
—聖母マリアとイエス・キリストの一体化への軌跡を探る—
一村とアダン、一村のアダンとは何か
−田中一村と作品《アダンの木》の考察−
子どもの心を育む芸術教育活動について
写真家・牛腸茂雄論
—写真評論家・飯沢耕太郎氏が牛腸の写真の中に見つけた物は何か—
普通教育における芸術活動の意味
—絵画教室の場合—
富本憲吉 『色絵支那籠に芥子模様大飾皿』
—花弁の欠けた花—
小田野直武と秋田蘭画への系譜