airUキャンパス

airUマイページ

男性の作る権力主義的な中心構造の建築が家父長制と権力へと結びつき、戦争や女性性への抑圧を起こし、それらが人間中心に考える環境破壊へとも繋がっていると思う。私の作品は、女性性崇拝でなく現状にもっと強い女性の力、感性が環境・子供の未来のために必要だと思いその導きが、今の権力構造を越えるものであって欲しいと願い建築を考えた。