airUキャンパス

airUマイページ

物と物との間には空間ができる。連なる物同士の間なら、谷間になる。谷間の空間は見通しがいい。物同士の感覚が狭くなれば、隙間になる。隙間の空間はなぜだか覗きたくなる。ときには物と物との間に気付かないことがある。けれども、見方を変えると間の空間が見えてくることがある。物と物との「間」には、様々な気配が存在している。